デロンギ(De’Longhi)

デロンギ(De’Longhi)の画像
自宅やオフィスで日常的に本場のコーヒーを楽しめるコーヒーメーカー

北イタリアのメーカー
世界30か国で製品展開

全数検査を実施
合格したマシンのみ出荷

自分好みの設定が可能
オートオフ機能付モデルも

ミルクフローサーあり
ラテアートも楽しめる!

デロンギは19世紀に北イタリアで創業し、現在では世界30か国以上で製品を展開しています。たしかな技術と人の感覚によって高い品質を維持し、コーヒーの味に最もうるさいといわれるイタリア人が納得する美味しさを提供しています。今回はそんなデロンギの特徴と魅力をわかりやすく解説させていただきますので、ぜひご一読ください。

デロンギ(De’Longhi)は自宅で本場の味を再現

デロンギ(De'Longhi)の画像2

デロンギは19世紀初頭に、北イタリアのヴェネチアに近いトレヴィーゾで創業しました。腕のいい職人が集まると評判の地で始まったものづくりへのこだわりは、世界30か国以上で製品を展開するようにになった今でも引き継がれています。コーヒーメーカーの製造過程では全数検査を行い、人による無作為のカッピングテスト(試飲検査)によって、味に納得できなければ製品を出荷しません。

このような、たしかな技術と人の感覚を大切にした検査は、デロンギの高い品質を支えることに貢献してきました。本場イタリアの味を自宅で再現することで、上質な日常を提供し続けることがデロンギの考えです。

またデロンギの全自動コーヒーマシンは、豆挽きや抽出だけでなく水や豆の計量から面倒なカスの排出や洗浄まで全自動で行うことができます。機能性は高いですが、操作はシンプルでダイヤルを回したりボタンを押したりするだけで、飲みたいときに飲みたいメニューが簡単に楽しめるでしょう。

製品ラインナップは全自動コーヒーマシン、エスプレッソカプチーノメーカー、ドリップコーヒーメーカー、コンビコーヒーメーカー、グラインダーなど、さまざまな機器があります。

デロンギ(De’Longhi)の挽き方や抽出の高い技術

デロンギ(De'Longhi)の画像3

デロンギでは豆の品質を活かすために、最適の挽き方や抽出技術を備えています。

挽く技術

デロンギは挽く技術にこだわり、 豆本来の香りを逃しません。デロンギではコーン式グラインダーを採用しており、台形のグラインダーで徐々に切り刻むことで均一なパウダーになります。そのため摩擦熱が発生しにくく香りを逃しません。美味しいコーヒーの抽出には均一に挽くことも不可欠です。

一番下の鋭利な溝でパウダーをムラなく仕上げることができるのもコーン式のメリットです。コーン式は臼式やプロペラ式に比べて、エスプレッソ用の豆を挽くのに最適な方法といえるでしょう。

挽き方は7段階に調節可能

同じコーヒーでも、挽き方を変えると違う味わいが楽しめます。好みや飲み方に合わせて極細挽きから細挽きまで7段階の調整ができるでしょう。

抽出技術

最適なタンピングや抽出圧、温度調整を行い、1杯1杯の抽出にもこだわっています。これにより、バリスタが家にいるような高い技術で抽出することができるでしょう。

コーヒーパウダーを押し固めるタンピングは、微妙な力加減で風味が変わる繊細な技術です。デロンギでは電子制御によるコントロールで、バリスタレベルのタンピングを行います。

また美味しいコーヒーの抽出には、適正な圧力が重要となるでしょう。抽出に最適な9気圧によって豆の旨味を引き出し、豆のエキスを最も引き出せる20秒での抽出を実現しています。

そして温度を最適制御するサーモブロックボイラーによって、豆の風味を壊さずに色も薄くならず88℃から96℃のお湯を供給し、好みに応じた温度調節も可能です。

デロンギ(De’Longhi)の全自動コーヒーマシン

デロンギ(De'Longhi)の画像4

普通の全自動コーヒーメーカーは、豆を挽くことと抽出が自動であることが一般的でしょう。しかしデロンギの全自動コーヒーマシンは、できるレベルが違います。

まず水や豆の計量から豆挽きや抽出、カスの排出や内部の洗浄まで全自動で行えるという便利機能が備わっており、さらに抽出前の準備は水タンクに水をセットして、好みの豆を入れるだけで構いません。なお抽出時は、最適な水と豆の量を自動で計量してくれます。

そのときの気分に合わせて豆を自由に選ぶことができますし、また豆の産地だけでなく焙煎度によって、コーヒーの味わい方は変わるでしょう。

焙煎度は酸味や苦味の強さによって、何段階も設定できますので、飲みたいメニューに合わせた豆を選びましょう。ミルクメニューの場合はミルクタンクをセットし、ボタンを押すだけでカプチーノやカフェラテなど、本格的なミルクメニューが自宅で楽しめます。

またデロンギ独自の自動ミルク泡だて器ラテクレマシステムによって、カップを置いてボタンを押すだけで、抽出からフロスミルクの注入までの全工程を自動で行うことができるでしょう。このときミルクの甘みが一番感じられる温度である、60度から65度の温度管理を行ってくれます。

また時間が経っても、ふわふわの口当たりを楽しめるきめ細やかなミルクが簡単に作れて、最後の一滴まで美味しく飲むことができるでしょう。

デロンギ(De’Longhi)の最上級モデルのEC860M

デロンギ(De'Longhi)の画像5

デロンギのエスプレッソメーカーは業務用マシンと同じポンプ式で、抽出時の気圧は9気圧、ポンプ圧15気圧で風味が損なわれない絶妙の気圧となっています。また高性能サーモスタッドが内蔵されており、これによって抽出時の給湯温度は90度となりますが、この温度は豆の風味を壊さず、色も薄くならない温度となるので、さらにうま味を際立てることができるでしょう。

また自分好みの味を細かく調整できるパウダー抽出と、手軽に本格的なエスプレッソが味わえるカフェポッドの2つの抽出方法に対応しています。エスプレッソメーカーの中でも最上級モデルのEC860Mはデザインや品質だけでなく、機能のこだわりも体感できるでしょう。

まず淹れたてのコーヒーが冷めないように、カップウォーマートレイで事前にカップを温める機能が付いています。ミルクコンテナを取り付ければ、カプチーノやカフェラテがワンタッチで簡単に淹れられるでしょう。

ほかにも2種類のミルク泡立て機能があり、ミルクコンテナを給湯ノズルやフロッサーに付け替えることで、ふわふわのミルクが簡単に作れて、カプチーノやラテアートまで楽しめます。また三段階の抽出温度、15分・75分・3時間のオートオフ機能、五段階の水の硬度など従来の手動式にはなかった設定が可能です。

まずは公式サイトからオンラインショップを確認してみよう!

デロンギは19世紀はじめに北イタリアの腕のいい職人が集まると評判の地トレヴィーゾで創業しました。コーヒーメーカーの全数検査を行い、人による無作為の試飲検査で味に納得できるものだけを製品として出荷しています。

コーヒー豆の粉砕方法はコーン式グラインダーを採用しており、摩擦熱が発生しにくく香りを逃しません。抽出技術も最適なタンピングや抽出圧、温度調整を行い、バリスタが家にいるような高い技術で抽出することができます。

デロンギの全自動コーヒーマシンは水や豆の計量から豆挽きや抽出、カスの排出や内部の洗浄まで全自動で行えます。エスプレッソメーカーの最上級モデルであるEC860Mはデザインや品質だけでなく、カップウォーマートレイ付きで2種類のミルク泡立て機能がありカプチーノやラテアートも簡単に作れます。

自宅やオフィスで本格的なコーヒーを楽しみたい方は、公式サイトからオンラインショップを確認してみましょう。

デロンギ(De’Longhi)に寄せられた口コミ

お手軽なのに本格的

BAR14からの買換えです。とても扱いやすいです。

クレマがしっかりたちます。フォームミルクも簡単に作れます。デザインがシンプルで好みです。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

インテリアとしても

マニュアル式のエスプレッソマシンとしては高価な部類ですが、その分見た目に高級感があり、満足度は高いです。スリムなので場所もとりませんし。

スチームの威力も他社製品に比べて高い様に感じます。ラテアートを楽しみたい人にも良いかもしれません。

かれこれ2年以上使っていますが、トラブルもなく快調に動いてくれます。マニュアル式の手間を厭わず、かつ見た目にも拘りたい方には向くのでは。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

価格■デロンギ エスプレッソ・カプチーノ オートマティックカプチーノ [EC860M]:5万5,000円 (税込)など
機能プログラムモード、ミルクフロッサー、カップウォーマートレイなど
※EC860Mモデルの場合
対応メニューエスプレッソ、カプチーノ
会社情報デロンギ・ジャパン株式会社
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル2階
電話番号:0120-804-280
デロンギの公式サイトを見てみる おすすめの家庭用エスプレッソマシンランキングはこちら
SEARCH

READ MORE

イタリアを代表する飲み物のひとつエスプレッソは、イタリアでは日本のお茶のように楽しまれている飲み物です。エスプレッソと聞くと、かなり濃いコーヒーをイメージするかもしれませんが、実はさまざまな

続きを読む

エスプレッソマシンの購入を検討している人に、今回の記事はおすすめです。エスプレッソマシンには、直火式の家庭用エスプレッソマシンと電気式の家庭用エスプレッソマシンがあります。それぞれの特徴を理

続きを読む

エスプレッソについて詳しく知りたい人に、今回の記事はおすすめです。エスプレッソをアレンジしたドリンクやエスプレッソの正しい飲み方について紹介します。エスプレッソは一般的なコーヒーと比較してカ

続きを読む

一人暮らしのお供にエスプレッソマシンを設置したいと思っている方でも、どこのエスプレッソマシンにしようか迷っている方も多いと思います。コーヒー好きな方であれば、毎日の生活に欠かせないことでしょ

続きを読む

各メーカーからさまざまな種類が販売されている家庭用エスプレッソマシンは、自宅で簡単に本格的なコーヒーが楽しめるので、コーヒー好きには必須のアイテムです。これから購入を検討している方は、その使

続きを読む

さて、かつては自宅にエスプレッソマシンを置いている例は少なかったでしょう。しかし、スマホで誰もが手軽に面白画像を投稿したり、DIYをたのしんだりと、自分でやることが豊かさの要素になりつつある

続きを読む

イタリア生まれのエスプレッソは、抽出時間が短時間のため深いコクが味わえます。エスプレッソマシンは持っていなくても、自宅でゆっくりエスプレッソを味わいたいと思っている方もいらっしゃるのではない

続きを読む

カリマリ(CARIMALI)ブルーマチックジャパン株式会社 住所:〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台5-4-22 TEL:045-947-0800 カリマリ(CARIMALI)は

続きを読む

カフィタリー(Caffitaly) フジ産業株式会社 住所:〒104-0041 東京都中央区新富1-6-1 3F TEL:03-3523-1811 カフィタリー(Caffitaly)は、イタ

続きを読む

ガジアアカデミア フジ産業株式会社 住所:〒104-0041 東京都中央区新富1-6-1 TEL:03-3523-1811   「ガジアアカデミア」は、80年以上の長い歴史を誇るコ

続きを読む