欧米で人気のカクテル!エスプレッソマティーニのレシピを紹介

公開日:2023/07/15  

エスプレッソマシン エスプレッソマティーニ

バーで飲むカクテルは、ベースとなるお酒とジュースやソフトドリンクを組み合わせたもので、多くの種類があります。比較的飲みやすいカクテルの定義は「二つ以上の材料を組み合わせて作る飲み物」であり、アルコールが入っていないカクテルもあります。今回は欧米で人気を集めているカクテル、エスプレッソマティーニのレシピを紹介します。

エスプレッソマティーニとは?

エスプレッソマティーニとはウオッカベースにコーヒーエスプレッソやシロップを加えたカクテルで、アルコール度数は25度前後です。苦みはありますが、きめ細かく柔らかい口当たりのドリンクであり、コーヒーを好きな人におすすめです。大人のカクテルとして親しまれており、作り方に決まりはありません。

エスプレッソマティーニの始まりは諸説あり、海外セレブが飲み始めたことがきっかけではやり始めました。アメリカや欧米で人気を集め、日本でもエスプレッソマティーニを味わえるお店が増えています。たくさんのレシピが存在し、自分に合ったものを見つけて楽しむのがよいです。今ではポピュラーなカクテルとしてカクテルの王様とも呼ばれています。

エスプレッソマティーニのレシピ

エスプレッソマティーニは作り方が決まっているわけではなく、たくさんのレシピが存在します。一般的なエスプレッソマティーニのレシピは、アブソルートウオッカ(45ml)、カルーア(45ml)、ホワイトカカオ(30ml)に冷やしたエスプレッソを注いでシェイクします。またウオッカベースで作るのが一般的ですが、ウイスキーをベースにしたものなどアレンジレシピも少なくありません。

ウイスキーベースのエスプレッソマティーニ

ウイスキーベースのエスプレッソマティーニのレシピは、シーバスリーガル(40ml)、エスプレッソコーヒー(25ml)、コーヒーリキュール(35ml)を氷と共にシェイクしてグラスに注ぎます。お好みのウイスキーを使用することも可能で、アルコールの量は自分に適した量にします。

紅茶のエスプレッソマティーニ

紅茶のエスプレッソマティーニの作り方は、ウオッカ(30ml)、コーヒーリキュール(15ml)、紅茶リキュール(15ml)、アイスコーヒー(30ml)シロップ(1tsp)を混ぜ合わせて作ります。このレシピはエスプレッソを使用せずアイスコーヒーを使用しています。紅茶リキュールが味に深みを出しており、コーヒーの風味をおさえています。

このようにエスプレッソマティーニのアレンジレシピは多く、すべて氷を入れてシェイクするだけで簡単に作れます。いろいろアレンジして、自分好みの味を見つけるのも楽しいでしょう。

エスプレッソマティーニとアイリッシュコーヒーは何が違う?

エスプレッソマティーニのレシピなどを紹介しましたが、アイリッシュコーヒーとの違いは何なのでしょうか。

アイリッシュコーヒーとは

アイリッシュコーヒーはコーヒーのカクテルの一種で、アイルランド発祥のホットカクテルです。アイリッシュウイスキーと深煎りのコーヒーを使い、砂糖と生クリームを加えます。アルコール度数は1%未満のものがほとんどであってお酒には当てはまらず、とても飲みやすいカクテルだといえます。

コーヒーの上に生クリームまたはホイップクリームを浮かべ、コーヒーとクリームを混ぜないのが正しい飲み方です。冷たさ、温かさ、甘さの風味を一度に楽しめるのも、アイリッシュコーヒーの醍醐味です。

エスプレッソマティーニとアイリッシュコーヒーの違い

アイリッシュコーヒーとエスプレッソマティーニの違いをしっかり把握している人は少なく、混同している人も多いかもしれません。けれどベースとなるアルコールや混ぜる材料は異なっています。そして、アイリッシュコーヒーはエスプレッソではなく、ホットコーヒーを使った温かいカクテルです。

コーヒーを使ったカクテルの種類

エスプレッソマティーニやアイリッシュコーヒーのように、コーヒーを使ったカクテルはたくさんあります。カルア・ミルクは人気があるコーヒーカクテルで、アルコール度数は低く女性に適しています。ノルマンディコーヒーはリンゴリキュールにホットコーヒーを混ぜたホットカクテルです。ブレイブ・ブルはテキーラにコーヒーリキュールを混ぜたもので、アルコール度数は25度あります。

このようにコーヒーを使ったカクテルは数多くあり、カクテルを飲みなれていない人が飲めるコーヒーカクテルも多いです

まとめ

欧米で人気のエスプレッソマティーニのレシピを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。もともと海外セレブが飲み始めたのがきっかけですが、今では日本でも愛されているカクテルのひとつです。コーヒーとアルコールが合体した飲み物なので、どちらも好きな人には最適の飲み物でしょう。自宅でも簡単に作れるカクテルなので、材料を揃えて作ってみるのもいいですね。アルコールはちょっと苦手という方には、アイリッシュコーヒーが適しています。ホイップクリームや生クリームを使用するので、デザート感覚なのが女性向です。エスプレッソマティーニはコーヒーの苦みが効いており、アイリッシュコーヒーは甘さがポイントといえるかもしれません。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

エスプレッソとアイスクリームが出会った魅力的なデザート、「アフォガード」。この記事では、そんなアフォガードの甘いアイスクリームと濃厚なエスプレッソの絶妙なマリアージュについて紹介します。作り

続きを読む

エスプレッソのリッチな味わいとダルゴナコーヒーのボリューム感を組み合わせて、驚くほど美味しい一杯を楽しんでみませんか?この記事では、エスプレッソでダルゴナコーヒーを作る方法と、失敗しないため

続きを読む

おいしいコーヒーを飲みたいと考えている人は、エスプレッソグラスを活用しましょう。エスプレッソグラスは、量が測れる、クレマの状態が確認できる、厚みがあって割れにくいというメリットがあるので、初

続きを読む

自宅で本格的なエスプレッソを飲みたいという方の中には、エスプレッソメーカーの購入を検討している方も多いでしょう。しかし、エスプレッソメーカーにも種類があり、どれを選べばいいか悩んではいません

続きを読む

コーヒー粉に高い圧力をかけて抽出する「エスプレッソ」。そんなエスプレッソを作れるのが、エスプレッソマシンです。最近は家庭用のエスプレッソマシンも多く販売され、購入を検討する方も多いでしょう。

続きを読む

自宅で本格的なエスプレッソを楽しめる、エスプレッソマシン。自宅での時間をさらに快適にするため、購入を検討している方も多いでしょう。しかし、種類が多くてどれを選んだらいいかわからないと悩んでは

続きを読む

バーで飲むカクテルは、ベースとなるお酒とジュースやソフトドリンクを組み合わせたもので、多くの種類があります。比較的飲みやすいカクテルの定義は「二つ以上の材料を組み合わせて作る飲み物」であり、

続きを読む

朝食時や昼下がりには、美味しいコーヒーを楽しみたいですよね。コーヒー好きな人の中には、エスプレッソを好む人もいるでしょう。せっかくエスプレッソを飲むのなら、カップにもこだわってみませんか。こ

続きを読む

イタリアで生まれたエスプレッソは濃厚な味わいが魅力で、今ではイタリアだけでなく世界中の人々に愛されています。普通のコーヒーと比べると1杯分が30mlと、少ない量が特徴でもあります。今回はエス

続きを読む

直接火にかけて一気に加熱する、直火式エスプレッソメーカーをご存じでしょうか。直火式エスプレッソメーカーの購入を検討しているが、何を基準に選ぶべきなのか悩んでしまう方も多いでしょう。この記事で

続きを読む